募集は終了致しました。

 

栗山町地域おこし協力隊

「くりやまちょうPR隊

地域ベンチャースタートアップメンバー」

募集要項

 


北海道栗山町地域おこし協力隊では現隊員の地域ベンチャーの起業にともない

新たにスタートアップメンバーを募集致します。

  • 地域密着型カフェ&バー
  • 町のコンシェルジュとなるゲストハウス
  • 栗山町役場からのふるさと納税業務委託

これらを立ち上げ、運営し、任期終了後に地域ベンチャーに入社する意志のあるメンバーを求めています。

北海道栗山町

総人口 12,062人(2017年12月1日現在)

 

夏季平均気温 22.4℃

冬季平均気温 ‐8.1℃

 

アクセス

札幌より車で約1時間

新千歳空港より車で約45分

 

特産品

メロン、米、玉ねぎなど

私達の思い

栗山町地域おこし協力隊

栗山町に移住して来て約2年。

栗山町には美味しい農産物、北海道らしい風景があり、人も穏やかで優しく、本当に素敵な町だと感じています。

しかし、そんな栗山町にも見過ごせない課題があります。

私達が感じる栗山町の課題

●若者が働ける場、集まれる場、活躍する場が少ないことから、町から若者が少なくなってきている

●町外への情報発信が乏しく、認知度が低い

●町への訪問客に対し、栗山町の良さを伝える場が少ない

特に問題視しているのが、1番目の「若者が働ける場、集まれる場、活躍する場が少ないことから、町から若者が少なくなってきている」という点です。

このままいくと…

栗山町地域おこし協力隊
栗山町地域おこし協力隊

高齢化が進み2040年には、人口の2.1人に1人が65歳以上、3.3人に1人が75歳以上という超高齢化社会に栗山町は向っています。

若者の町外流出を防ぎ、町外からの若者移住者を増やさなければなりません。

 

そのために私達は地域ベンチャーを立ち上げ、若者が活躍できるまち『若者のまちクリヤマ』を創出致します。

プロジェクトの全体像

栗山町地域おこし協力隊

私達のミッションは大きく分けると『にぎわい創出』と『なりわい創出』の2つです。

にぎわい創出

栗山産農産物や、町内の日本酒、近隣市町村のワインなどを提供しヒト、モノ、情報が集まる「地域密着型カフェ&バー」(2019年4月オープン予定)と町外若者の栗山町での滞在拠点であり栗山町を深く知ることのできるコンシェルジュ機能を持った「地域密着型ゲストハウス」(2020年4月オープン予定)を立ち上げ、運営することにより町ににぎわいを創出します。

栗山町地域おこし協力隊
カフェ&バーイメージ
栗山町地域おこし協力隊
ゲストハウスイメージ

なりわい創出

栗山町『ふるさと納税』を活用し、集まった寄附の一部を若者の起業支援(起業セミナー等の開催・先輩起業者の講演・ビジネスコンペの開催・起業家への補助や投資など)にあて、町になりわいを創出します。

私達が考える栗山町のビジョン

栗山町地域おこし協力隊

若者のまちクリヤマ

ヒト:町内外の若者やUターン・Iターン希望者

モノ:栗山町農産物、栗山町加工品

情報:ふるさと納税、移住、求人、住宅情報

これらが集まる『場・コミュニティ』をつくり、にぎわいを創出します。

ふるさと納税を活用し、起業支援を行いなりわいを創出します。

『にぎわい』と『なりわい』を掛け合わせることで、町から若者が流出せず、町に若者が集まり、若者が活躍できる町「若者のまちクリヤマ」を作り出します。

立ち上げメンバー

高橋毅 栗山町地域おこし協力隊

高橋毅(たかはしつよし)

神奈川県横浜市出身

37歳

 

北海道江別市の酪農学園大学酪農学科に進学、微生物利用学を専攻。卒業後は、北海道大学大学院農学部森林資源学科にて修士号を取得。

その後、株式会社リクルート北海道じゃらん入社、主に道東、道央、道南の市町村役場、観光協会等への北海道観光情報誌「北海道じゃらん」およびじゃらんNETを用いた情報発信、地域振興企画などの営業を行う。その後、地元神奈川県に戻り、IT企業株式会社まぐまぐにて新規WEBメディアの立ち上げ、広報・PRおよび執筆者の開拓を行う。

石井翔馬 栗山町地域おこし協力隊

石井翔馬(いしいしょうま)

埼玉県川口市出身

28歳

 

神奈川県立保健福祉大学栄養学科卒。管理栄養士、調理師、北海道フードマイスター等の食に関わる資格を数多く取得。病院給食調理や飲食店での店舗マネージャー勤務を経て、管理栄養士の新たな可能性を見出すために2016年に地域おこし協力隊として栗山町へ移住。同年の栗山町へふるさと納税をした人を対象にした栗山町見学ツアーでは、町内産品を利用した特別ディナーのメニュー作りを行う。現在は、ふるさと納税のPRやカフェバーの計画作成の傍ら、6次産業化支援のための準備やラジオパーソナリティなど町内外を問わずに栗山町、南空知のPRのために日々活動を行っている。


業務概要

 

地域密着型カフェ&バー(2019年4月オープン予定)

・カフェ&バー立ち上げ(リノベーション、メニュー開発等)

・カフェ&バー運営(調理、接客、メニュー開発等)

 

町のコンシェルジュとなるゲストハウス(2020年4月オープン予定)

・ゲストハウス立ち上げ(デザイン、リノベーション等)

・ゲストハウス運営(接客、客室清掃等)

 

ふるさと納税

・事業者への取材活動や情報の発信

・イベントの企画、運営

・寄附者対応、受付等事務作業等

 

上記業務のPR、デザインの作成、情報発信の他、観光や移住、特産品などの町全体のPR活動も行います。

スタートアップにつき、数多くの業務に同時並行で取り組める意思のある方をお待ちしています。

募集用件

  1. 3大都市圏の都市地域又は地方都市(条件不利地域は除く)にお住まいの方(住民票を有する方)で、採用後、栗山町に住民票と生活の拠点を移すことができる方
  2. 概ね満20歳以上40歳以下の方
  3. 普通自動車免許(AT限定可)を有しており、日常の運転に支障のない方
  4. パソコン(ワード、エクセル、パワーポイントなど)が使える方
  5. 住民等とコミュニケーションを図り、地域を元気にするために意欲的かつ積極的に行動できる方。
  6. 活動期間終了後、地域おこし協力隊一期生が立ち上げる会社(地域密着型カフェ&バーの運営、町のコンシェルジュとなるゲストハウスの運営、栗山町ふるさと納税業務等)に入社する意欲のある方。もしくは、地域で起業する意欲のある方。
  7. 地方公務員法第 16 条の欠格条項に該当しない方
  8. 募集概要に該当するスキル(調理、DIY等)をお持ちの方は優遇いたします。なお、経験等無くてもやる気があれば歓迎します。

待遇等

待遇 内容

任用形態

栗山町地域おこし協力隊設置要綱に基づき栗山町長が委嘱します。 (地方公務員法第3条第3項第3号の特別職非常勤職員を予定)

 

委嘱期間

【ふるさと納税担当】

2018年4月1日から2019年3月31日まで。

 

【カフェ&バー運営およびゲストハウス立ち上げ担当】

2018年7月1日から2019年3月31日まで。

 

※2年目以降、活動評価により年度単位での更新の可能性があります。

※最長で2021年3月31日までとします。

 

報酬

月額210,000円(支度金・住宅手当・寒冷手当含む)

※上記金額より税、社会保険料等の自己負担分が差し引かれます。

 

待遇・福利厚生

・健康保険、厚生年金保険、雇用保険及び公務災害補償の適用並びに 年次有給休暇制度があります。

・活動に必要なパソコン及び車両(共用)は町が用意します。

・住居は町内で各自住宅を借り上げていただきます。

・住居に係る光熱水費等は、本人の負担とします。

勤務日数・時間

  • 勤務時間 8:30~17:15(休憩1時間)
  • 週休日および休日は土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日および、12 月 31 日から翌年の 1 月 5 日までの日とします。
  • 夜間、休日等の勤務には、振替休日とします。

以上を基本としますが、カフェ&バー、ゲストハウスの営業状況によっては上記の限りではありません。

応募手続き

【選考方法】

1)栗山町地域おこし協力隊が実施する 「地域ベンチャースタートアップメンバー募集説明会」への参加

   ①平成30年1月27日(土)「北海道の酒飲み比べナイト」@しごとバー 19時~

    http://shigoto100.com/event/20180127

   ②平成30年1月28日(日)「個別相談会」会場未定(東京都内)

   ②平成30年2月2日(金)「ゲストハウス立ち上げナイト」@しごとバー

   ③平成30年2月3日(土)「個別相談会」会場未定(東京都内)

※最低1回のイベントへの参加を応募の必須条件とします。 

※都合により上記イベントに参加できない場合はご相談ください。別途、オンライン等で説明を行います。

(2)一次選考(書類)

   提出された応募用紙とレポートで書類選考を行い、平成30年2月23日までに応募者全員に文書で通知します。

(3)二次選考…現地面接

   書類選考合格者に対し、栗山町で面接を行います。

   ※面接に係る費用は自己負担です。日時は個別に対応予定です。

(4)最終結果

   面接の1週間後を目安に合否を文書で通知します。

 

 

【応募期間】

平成30年1月15日(月)~平成30年2月15日(木)必着

郵送または持ち込みで受け付けます。提出書類は返却しません。

 

【応募書類】

  • 「くりやまちょうPR隊 地域ベンチャースタートアップメンバー」応募用紙
  • 下記1~4のいずれかを添付してください。全て書式は自由です。
    1. レポート「栗山町のふるさと納税をさらに推進していくためには、どのような取り組みを行っていけばいいか。栗山町の返礼品や現状に即した形で書いてください(800文字程度)」
    2. レポート「あなたが栗山町に根差した飲食店や宿泊施設を開業するとした際に、どのようなお店にしていきたいですか。(800文字程度)」
    3. 販促POPの作成「栗山町は毎年、代々木公園の北海道産直フェアに出展しています。その際に、栗山町の事を知らない人でも食べたくなる、買いたくなるような販促POPを作成してください(ブースに提示用、特産品はメロン、お米、コロッケのいずれかから選択。)」
    4. メニューの提案「オープン予定のカフェ&バーで提供する目玉となるようなメニューを考案してください。ネーミング、材料、レシピ、売価が分かるように書いてください。」

【書類提出先】

〒069-1512 北海道夕張郡栗山町松風 3 丁目 252 番地 

栗山町経営企画課 地域政策グループ(担当:原田)

 

ダウンロード
栗山町地域ベンチャースタートアップメンバー
募集要項.pdf
PDFファイル 219.1 KB
ダウンロード
栗山町地域ベンチャースタートアップメンバー
応募様式.xls
Microsoft Excel 33.5 KB

求めている人材

  • 任期終了後、栗山町地域ベンチャーへの入社の意思がある
  • 地方創生、地方活性に興味がある
  • 夢を地方で実現させたい意志がある
  • 起業したい意志がある
  • 自分のスキルを地方で発揮したい
  • 地域の人達と積極的にコミュニケーションをとる意志がある
  • 調理の経験がある、および料理が好き
  • デザイン作成に携わった経験がある、およびデザインが好き、得意
  • 事務、経理の経験がある

問い合わせ先

栗山町経営企画課地域政策グループ(担当:原田)

0123-73-7502

k-harada@town.kuriyama.hokkaido.jp

栗山町地域おこし協力隊

一緒に栗山町で楽しく地域おこししましょう!